FAR EAST GADGET MAGAZINE

プロダクトデザイナーによるコンセプチュアルなプロダクトデザインを紹介するメディア

デザイン探訪 プロダクト 製品開発リポート

【検証】MacBook Pro 16インチのキーボードはキーサイズも全く新しい

11月13日に発表されたMacBook Proの16インチモデルは、キーボードの構造が刷新されMagic Keyboardと同じになったと語られていますが、寸法も異なる全く新しいデザインであることがわかりました。独自の調査結果としてお届けします。

「Magic Keyboardと同じ」とあるけれど…

MacBook Proの16インチモデル(以下MBP16インチ)が発表されましたね。私たちファーイーストガジェットMacに非常に関係するプロダクトを作っている手前、新型が出るたびにチェックは欠かせません(どれくらい目を血走らせているかは、先日の記事のご参照を)。

最大の特徴は、2015年MacBookからノートモデルで採用されていたバタフライ機構をやめ、デスクトップのMagic Keyboardに採用されているシザー構造の改良版が搭載されたことです。これを受けて有名修理業者iFixitが公開した動画によると、Magic KeyboardのキーがそのままMBP16インチにはめ替えが可能とのこと。

iFixitが16インチMacBook Proの分解開始。新型キーボードのキーは取り外し可能、掃除もカンタン|engadget

構造上共通であることは、よくわかります。しかし、疑問が残ったのは下記の内容。

また、キーは既存のワイヤレス版Magic Keyboardと同じサイズのため、そちらと交換が可能とのこと。ただしワイヤレス版のキーは、16インチMacBook Proよりもわずかに厚くなっており、他のキーより少し浮き上がっていることが確認できます。

iFixitがMagic KeyboardのキーをMBP16インチにはめ込んだところ。

画像から分析してみても、キーサイズは違う

交換可能なのは確かでしょうが…厚み以外も違うはず!

なぜそんなことが確信を持って言えるかというと、実は発表当日にAppleのWebサイトに掲載されたMBP16インチの製品画像をくまなく参照し、製品開発のためいち早く寸法を割り出していたからです。

MBP16インチの製品画像。全体画像だけでは解像度が足らず拡大画像をコラージュしてカバー。

この結果、私たちが仮説として割り出したキー寸法は

16.5mm×16mm

対するMagic Keyboardのキー寸法は

16mm×15.5mm

ちなみにMagic Keyboardのキー寸法は、バタフライになる前のMacBook Proのキーボードの寸法と同じです。
私たちの商品でいうところの、ブラックアウトステッカー15mmのほうですね。

この結果を踏まえて、もう一度先ほどのiFixitの画像をよく観察すると…

明らかに黒鍵と白鍵の縦横寸法にわずかに違いがあるのがわかります。

謎は深まるばかり。はやく実機を確認しなければ!と思い発表翌日にApple Storeに(ノギスを持って)かけつけました。

そしてようやく実機を確認することができたのが本日。

16インチ MacBook Proのキーはちょっと小さい16.5ミリ

やはり最初の画像での分析結果どおり、MBP16インチのキー寸法は今までとは全く異なる寸法だということが判明しました。

画像分析での仮説の通り、

MacBook Pro 16インチのキーサイズ:16.5mm×16mm

でした。ちなみに現行のMacBook Air、MacBook Pro(2016~)16インチ以外、つまりバタフライ機構を採用しているモデルのキー寸法は

従来のバタフライ型のキーサイズ:17mm×16.5mm

です。つまり、キーサイズでは

バタフライ採用Mac>MBP16インチ>Magic Keyboard

の順のサイズになります。
おそらくは、今後のモデルも今回の改良シザー型が採用され、キー寸法が小さくなるのでしょう。

キーピッチは従来と変わらず19mm。打鍵感を維持しつつ改善したのは

ちなみにもう一人のメンバーから質問が入ったのは、「ではキーピッチ(隣り合うキーの中心から中心までの幅)は狭くなったの?」ということ。

これは従来のバタフライ式のMacBook ProやAirと変更されておらず、19mmのままです。したがって、キーとキーの幅は従来より少しだけ広くなったということです。従来のキーピッチの打ちやすさは維持されたまま、あえてキーサイズを下げることで隣り合ったキーの打ち間違いを減らすなどの配慮があるのかもしれませんね。

我々としては、また商品のネーミングが難しくなったなと頭を悩ませているところです…(これが何を意味しているかは、乞うご期待ということで)。

FAR EAST GADGET MAGAZINE
製品情報、 >デザインのご相談 はこちら。 一部のプログラマーやデザイナーに熱烈な支持いただく「Blackout Sticker」を筆頭にオリジナルのAppleプロダクト向けアクセサリーを開発・販売したり、ジャンルを問わないプロダクトデザインの依頼を請け負うデザインチーム。